茅ヶ崎サウンド

2009年4月12日 (日)

巨大サンルームでカントリー茅ヶ崎アン

本日はレンダースの茅ヶ崎サティ・ライブにお運びいただき、どうもありがとうございます。

また、御厚意をいただきました茅ヶ崎サティの皆様に心より感謝申し上げます。

20090412saty

今日は天気も最高。茅ヶ崎サティのアトリウムには陽光さんさん、ココだけ少し早く常夏トロピカル。ハワイアンにバッチリグーなステージ。それではそのライブの模様を、少しだけ、ホンのチョットだけですが、ご紹介させていただきましょう。

スローなやるせない、こぶしが効いた、「白い花の咲く頃」。

レンダースには定番スタンダード十八番とも言える、息の長い自信作として「そよ風をあなたに」や「茅ヶ崎に愛を込めて」などがあるのですが、この「白い花の咲く頃」は、今後その域に達するやもしれぬかなと、化けてくれよ頼むぜと、期待されるナンバーではあります。皆さんはどう思われますか???

うう、かな~り、気になるかも

さて、最近レンダースの仲間内では、カントリーがマイブームです。カントリー・ウェスタンと呼んでしまうと展開が絞られてしまいますが、茅ヶ崎のロコのテイストというか、潮騒がリズムに、浜辺の香りの記憶が詩に、なんて感じなら、構想も豊かに、妄想も炸裂だっ、なんてね。

ハワイアンとカントリーをクロスオーバーさせた上にトッピングが茅ヶ崎。「南風の吹く時」は、そんな曲です。

いかがでしょうか。

カントリー・ハワイアン、なんだけど、茅ヶ崎がそもそも夏はハワイアンな街に化するし、だったらいっそ、カントリー茅ヶ崎アン、こう呼んじゃっていいんじゃないかいっ!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月29日 (日)

春色ハワイアンがチャリンコでゆく茅ヶ崎の街に流れて

Renders12apr2009saty

野球はWBC連覇、サッカーもあと一勝でW杯出場決定、あとは真央ちゃんて感じで、ニッポン的にはサクラサク、スポーツ大盛り上がりの3月でしたが、皆様いかがお過ごしでしょう。

ここはハワイアンで音楽専門のブログだってーのに、ワタシ的には、3月1日にはレインボーブリッジを封鎖してまで歩いて渡り、東京マラソンでは42.195kmを完走前の週に完歩したりで、頭の中は音楽一色だけど、下半身は別人格、体のほうは浮気なスポーツモードの3月だったりしました。

しかぁ~し、ついにレンダースの春がやってくるのですっ。

このポスターも、茅ヶ崎の街に、当日までの期間限定で登場。ご協力をいただく皆様本当にありがとうございます。

それにしても、チャリンコが便利な茅ヶ崎の街。

このポスターも、チャリンコから視認しやすい、色といい、艶といい、場所といい、、、。

そして休日、楽しいお買い物は午前中、荷物は100円即日便で自宅へ直送。手ぶらで映画。そしてまったりと昼下がり。ぜひぜひ、ハワイアンのライブでお楽しみ下さい。

春爛漫の4月、茅ヶ崎サティで皆様にお会いできることを楽しみにしております!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

晩秋の茅ヶ崎サティに唄うセレナーデ

本日は、茅ヶ崎サティでの、今年最後のライブにおいでいただき、ありがとうございます。
また、御厚意をいただきました、茅ヶ崎サティの皆様に深く感謝申し上げます。
2008110201
では、恒例となりました、ライブの雰囲気を、ちょっとだけお伝えする動画です。

テンポの速い、ノリノリリズムの曲を比較的得意ジャンルとしてきたレンダースにあっては、まこと希少な、スローでやるせない、演歌のコブシ、哀愁の艶歌、ジャポネスク、夜の街の香り。

秋深まった今だからこそ、こういう落ち着いたムードの曲が肌に合います。

同じ茅ヶ崎への賛歌でも、カラッと脳天に突き抜けるような楽天的でハイキーな『ポップス』もあれば、漁師町としての茅ヶ崎の風土を色濃く写す、もっとソウルフルな、ヘビーで、ねっとりした『歌謡』があってもいい。

さて、ところで、閑話休題、まあその、ニュースがあります。

例年、レンダースは冬眠します。

が、今年は、冬もライブを行います。

地球温暖化のせいでも、

サブプライム問題のせいでも、

2012年フォトンベルトの影響でもありません。

詳細が決まり次第、この公式ブログにてお知らせします。
ただ、プライベート・ライブについては、基本的にはお知らせできません。

が、街でレンダースを見かけたら、是非足を止め、一緒にお楽しみ下さい。

冬にもハワイアンって、いいんだねえと思っていただければ、私達の至高の喜びでございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

湘南の色:茅ヶ崎サティ秋のライブ

本日は、レンダースの茅ヶ崎サティ秋のライブにおいでいただき、ありがとうございます。

また、御厚意をいただきました茅ヶ崎サティの皆様に、深く感謝申し上げます。

Saty2008090701

秋になって、太陽が真上からというより、横から照り付けるような感じです。

それはそれで、また違った暑さ。それで確かに、景色も変わって見えてきます。

ああ、秋の色になりつつあるのかなあと。

ここで、本日のライブの雰囲気をちょっとだけ。

曲名は『湘南の色』です。

考えてみれば、海も空も青です。

湘南の色はアオでしょうか。

蒼とか、紺碧とか、藍とか、群青とか、アオい色にも様々のニュアンスがあります。

でも、砂浜を想えば、白というか、ベージュというか、しかし決してグレーとは呼びたくない。

松林を見れば、緑。

そして、湘南電車の緑とオレンジ。

オレンジは太陽でしょうか。(ミカンなんだろうけど。)

今となっては野暮ったいツートーンだけど、なんともいとしい配色。

県外の方々がイメージする湘南の色って、この配色なんでしょう。

で、おそらく、湘南の色って、単色じゃない。

やっぱり、青と白と緑と、太陽色(?)と。

様々なニュアンスの色が微妙なコントラストでからんでくるような。

そんな『色』の組み合わせとレイアウトの妙。

それで、湘南の色、みたいなものになるということなんじゃないかと、、、

ああ、♪ヤヤコシヤァ~♪ (なだぎ武さん風に)

閑話休題。本日は、皆様、本当にありがとうございました。

またお会いできる日を楽しみにしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

ときめき茅ヶ崎館

本日は、レンダースの茅ヶ崎館ライブにおいでいただき、まことにありがとうございます。

また、御厚意をいただきました、茅ヶ崎館の皆様に深く感謝申し上げます。

2008080201

リラックスした空気が伝わるでしょうか、ライブ直前の風景です。

この日の予約は早々にソールドアウト(完売)。茅ヶ崎館はやっぱり、すげー(キムタク風に)、というのが、率直な気持ちです。

そして、茅ヶ崎館の美しいたたずまいと、ライブの雰囲気。例によって、ちょっとだけ、お伝えすることにしましょう。まずは、茅ヶ崎館をイメージして5年前にバンマスが作った曲。毎年恒例となりました、「また逢いたいね」。

大人になった、というより、すでに大人になりすぎた昨今、ときめきを忘れがち。

だけどそれでも、茅ヶ崎の花火大会っていうだけで、結構ウキウキできる。

町興しイメージ戦略だろうとなんだろうと、サザン通りが「歩行者天国かよ」てぐらい、目を輝かした、人・ヒト・人で埋まる。

これは楽しい。

チョイ悪オヤジ、なんて流行語があったけど、やっぱり、ドキドキしてこそ人生は楽し。

そして、この曲、「ときめきを感じて」をこの日のために。

次は秋の茅ヶ崎サティ・ライブ。是非また皆様にお会いできますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

茅ヶ崎駅前がCoool! ヨーカドー・ハワイアン・ライブ

Cool!っつったって、明日はいです、きっと。

帽子とUVケア、忘れずに。

イトーヨーカドー茅ヶ崎店のステージ、といっても、御覧いただく皆様と同じ高さ。ストリートライブなものですから。ただ、あの「場所」は、ペデストリアンデッキに隣接してて、デッキからでも、その階段からでも、見ることができます。

ちょっと立体的で、面白そうな気がします。

では、明日、7/13(日) 13:30~と14:30~の2ステージ。イトーヨーカドー茅ヶ崎店の正面ステージ(というより花屋さんの前ね)にて、お会いしましょう。

明日の天気、予報では曇り、降水確率10%、最高気温31度。雨天なら中止ということで心配してましたが、鉄板で大丈夫そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

七夕だ、高気圧だ、ハワイアンだっ

今日はヤボ用のついでに、ぶらり途中下車。平塚の七夕を見てきました。

茅ヶ崎に住んでる子供ってば、昔っから、平塚の七夕は必修科目。ただ、あまりに人が多くて、オトナになると足が遠のくのも事実。だから、改めてメイン会場の湘南スターモールの中空を飾る吹流し(?)を眺めれば、それはもう、ギザナツカシス、全然変わって無いじゃん、と、驚いてしまったのでした。

もちろんいい意味で。

手作り風だったりして、ダサ、なんて感じる瞬間もあるのだけど、それも見ているうちに、だんだん良くなる法華の太鼓、噛めばかむほど味の出るするめいかのように、暖かい感覚がじわーっと心の奥のほうから湧いてくるような。郷愁、っていうのでしょうか。

ニッポンの夏、伝統の夏。あ、これは蚊取り線香のキャッチコピーだったか

そして金曜の真昼間ってぇのに、梅雨にあって貴重な晴間、常夏亜熱帯の高気圧モード全開ってことで、想像したまんまの大混雑模様。

一昨月の「湘南よさこい」、これも同じ湘南スターモールで流し踊りが行われるのだが、こちらは伝統をベースにしながらも、かなりアヴァンギャルドな一面があって、ひらすら変貌してゆく方向に一つの太い道がある、なんて印象で。

「動」の「湘南よさこい」、「静」の「平塚七夕」。変化(ここでは、へんげ?)を楽しむものと、変わらないところに価値をみんなが見出しているもの。伝統のもつ2つの顔を楽しませていただきました。

さて、そしてこの日曜は、レンダースのイベント、茅ヶ崎サティでの七夕ライブです。

Rendersinvitation20080706

今年こそ、織姫と彦星は、会えるのでしょうか。現在の予報ではビミョー。その命運を占うイヴ、雨が降っても、灼熱の太陽燦々だろうと、茅ヶ崎サティのアトリウムは、快適な広々空調空間です。

七夕イヴの7月6日(日)、14:00~と15:30~の2ステージ。映画を見たらハワイアン。お買い物の休憩にライブなんて、なんとも贅沢な日曜の午後、かも。

では、明後日、茅ヶ崎サティにて皆様とお会いできるのを楽しみにしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

七夕を占う午後にお会いしましょう

茅ヶ崎サティから、ハワイアンに愛を乗せ、恋人達にグッド・ラック!と唄います。

Renders20080420

年に一度しか会えぬ運命の、

姫と星。

雨が降れば、

それも許されぬ定め。

明日の七夕、

二人は会えるのか。

そういう、

日曜の午後にお会いしましょう。

なんか、昼下がりの情事みたいですが、実は、レンダースのハワイアン・ライブへのお誘いです。

76日(日) 茅ヶ崎サティライブ

14:00~14:30と、15:30~16:00の2回のステージです。

明るくて冷房のばっちり効いた2Fアトリウム、いつもの場所、いつもの時刻にお待ちしております。

七夕宵山の午後は、ハワイアンと、映画と、ショッピンーーーーッ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月19日 (土)

大岡祭にハワイアン

子供の頃には毎年ワクワクしながら待ってた大岡越前祭。

茅ヶ崎の春の風物詩。

大パレードには知ってる顔も出てるから、沿道で見物するのも楽しいし、駅前に忽然と現れる露店街の発する非日常的で妖しげなオーラも、なんとも刺激的でしたね。

夏の浜降祭でも感じるんだけど、 は、だ。

なんて言っちゃてからベタすぎて後悔しても後の祭り、なんて駄洒落のオチなんじゃなくて、様式美っていうのか、ドッコイドッコイっていう『相模の国』のエスニックな響きっていうのか、結構シンプルなパターンの繰り返しなんだけど、カラダの芯までジーンと来るような、陶酔できるチカラを感じてしまうのです。

ああ、俺も大人になったな、と。いや、いい歳こいた、ですかな。

茅ヶ崎では今日と明日、恒例の『大岡祭』。歌舞伎風の意匠という今年のポスターも歴史ロマンへの憧れを想い出させてくれるのですが、広く世に知られてテレビドラマシリーズともなった大岡越前の存在とその逸話の数々は、やはり茅ヶ崎の大事な宝物のひとつだよなあと、今さらながら再認識させてくれるのでした。

で、偶然ではあります。この日が新しいレンダースの船出、最初の公開ライブとなります。

Renderssatylive20080420901

偶然であって、運命でもなんでもなくて、大岡祭とタイアップしているわけでもなんでもありません。でも、大岡祭関連イベントの中心に隣接する茅ヶ崎サティでライブというのも、なにやら嬉しい偶然の一致、かな、と。

心配された天気も良好。時間帯が大パレードとぴったりばっちんぐしてるとこが懸念材料なんて気もしますが、ええ、紅白歌合戦の裏の格闘技みたいなってのも光栄な限り。全力で歌います。完全燃焼します。

ぜひ、明日の午後のひとときは、茅ヶ崎サティで。

大岡祭の帰りに、ハワイアン。

明日、皆様にお会いできることを楽しみにしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

茅ヶ崎ブランド 第5番 レンダース

5番といえば、寝るときはシャネルの5番だけ身に着けるわよ、なんて大女優がいました。また、交響曲といえば、じゃじゃじゃジャーン、ベートーベン第5番。そして、レンダースも栄えある第5番。本日発行のタウンニュース茅ヶ崎版に、レンダースが紹介されています。

それは、なななんと、茅ヶ崎ブランド、茅ヶ崎大好きのコーナーです。ここには、茅ヶ崎商工会議所TMOブランドエントリーに応募して、茅ヶ崎ブランドと認められたお店や団体が、順番に紹介されています。これはこれは新春のっけから明るくぶっ飛んだ話題ですよ。

お店以外じゃ、初めてですよね。なんだか面映し。これまで以上にキアイをいれて、茅ヶ崎の愛と夢の歌を、創って唄ってゆきます。

さて、まだ正式に紹介できないのですが、レンダースの今年の予定が着々と組み立てられつつあります。新曲も例年に増して、てんこ盛り。メンバーは練習で大変です。最初のライブは早春です。もうすぐ正確な情報をお知らせできると思いますので、いましばらくお待ち下さい。

今年も、ライブでお会いしましょう。レンダースをよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)